快眠のコツと不眠対策

 

快眠のコツと不眠対策へようこそ!

当サイトでは不眠症を解消し、毎晩心地よい眠りを得るための、安眠のポイントを解説しています。

快眠のコツを求める人が増えている

快眠のコツとは、スムーズに眠りに入っていく秘訣であり、また朝起きたときに熟睡感を得られるような眠りを得る方法です。本来、快適な睡眠は、電気もなくテレビやパソコンもなければ、自然と訪れるものなのかもしれません。

現代はストレスと光で、夜も休まらない社会となっています。
これが快眠を妨げる元凶であることは、誰もが承知していると思います。精神的ストレスは眠りを妨げるとともに、浅い睡眠にします。そうなると成長ホルモンの分泌量が低下します。その結果、免疫力が低下し、病気にかかりやすくなったり、肌が荒れたりします。子供の不眠の場合、体や脳の発達に悪影響を与えるため、よりいっそう深刻な問題です。

こういった時代背景を反映して、快眠のコツを求める声が多くなっています。
コツですから、ちょっとした心がけで、良い眠りに変えたいという人が多いのでしょう。もちろん少しの心がけと知識によって、よい眠りを手に入れることができます。それは心身を快調にし、張りのある毎日をもたらしてくれるでしょう。

快眠のコツは日常で簡単にできる

快眠のコツは、睡眠薬に頼らなくても簡単にできることが、たくさんあります。
たとえば以下のような安眠法があります。

  • 体内時計の調整
  • 食事の改善
  • 運動の導入
  • リラックスタイムの習慣

体内時計の調整

夜寝れない人は、たんに体内時計がズレこんで夜型になっているだけ、ということがあります。そうなると夜の12時ごろは、まだ体温が高いために寝付けないのは当然といえます。

体内時計を調整することは、快眠のコツの第一歩です。
朝に太陽の光を浴びることによって、人は簡単に体内時計を調整することができます。もともと人は25時間という、自転周期よりも約1時間長いリズムをもっているので、毎日調節しなければなりません。

もし一日でも朝寝坊して、朝日を浴びないことがあると、体内時計の25時間が修正されなくなります。そうなると、寝る時間が1時間遅くなってしまいます。これが毎日続くと、毎日1時間ずつ寝る時間が後退していきます。

太陽の光を朝10時までに浴びることは、快眠のコツとしてオススメです。
そうすると、約14〜16時間後に睡眠ホルモンであるメラトニンが分泌を開始するようになります。このホルモンは眠気をもたらすため、そのころに自然と眠くなってくるのです。つまり朝起きる時間によって、夜眠る時間をコントロールできるということですね。

食事の改善

快眠のコツとして食事、とくに夕食の内容は欠かせません。
食べる栄養素も重要ですが、もっと大切なことは食べる時間帯です。寝る前の3時間に食べてしまうと、消化吸収作業に忙しくなってしまい、深い眠りを取れなくなります。寝る前には胃の中をからっぽにすることが、快眠のコツといえます。

そのほか夕飯では、脂っこいものや肉類を少なくすることも大切です。
とくに日本人は欧米人と違って、脂や肉の消化が苦手です。じつは夕食には、穀物中心の日本食が、安眠と快眠に最適のメニューなのです。

そのほかの快眠のコツ

そのほか快眠のコツとしては、運動を取り入れたり、寝る前にリラックスするといいというのは、誰もが知っていることと思います。軽い運動を寝る2時間前に行なうと、寝るころにちょうど体温が下がってきて、快適に睡眠を取れるようになります。

これは入浴でも同様です。温めのお湯に長めに入れば、有酸素運動と同様の効果があります。入浴剤やアロマオイルを入れると、香りが大脳の興奮を鎮めて、リラックス効果も期待できます。

当サイトでご紹介する快眠のコツによって、皆様の睡眠が改善され、良い眠りを取れるようになっていただければ幸いです。

 

快眠のコツと安眠の方法はこちら↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら